介護の手間を効率良くする方法.com » 体操で改善する

体操で改善する

腰椎椎間板ヘルニアでは、腰痛がわずかの度合いでしかない場合には動くことができる範囲で動いたほうが腰痛の解消としてメリットがあります。

また、薬などが効いていて椎間板ヘルニアの痛みが全くないという場合よりも、少しの痛みがあった時に体操をしたほうが安全とも言えます。薬が効いている間は痛みが無くても、その効果が消えた時にまた痛みがぶり返す場合、体操によって痛みが強くなることも考えられます。

もちろん本来これは椎間板ヘルニアの痛みが大きくならない程度に体を可能な範囲で動かすことが基本です。腰痛に効くストレッチは色々なものがありますが、腰椎椎間板ヘルニアの患者さんであれば、その中でも簡単なものを取り入れる方が椎間板ヘルニアにはメリットが大きいと思います。

体を丸くするように膝を抱えこんで、背筋を伸ばすストレッチによって、背筋の強化にも繋がります。

背筋が腹筋よりも弱いという場合は特に背筋の強化を集中してすることが必要です。背中を床につけ、臀部を持ち上げてブリッジの形をとることで、骨盤の歪みを矯正することができます。歪みは全身に影響をして、椎間板ヘルニアの主な原因になっていることも充分に考えられます。

腹筋を鍛える場合は、両手を腹の上にあてて頭を持ち上げながら臍の当たりを眺めます。また、それと同時に臀部に力をこめて腰の部分をすこし浮かすようにします。

腹筋は基本的な上げ下げまでしてしまうと腰にも負担がかかりますので、このような方法が便利です。うつぶせの状態で膝を伸ばし、片方の足を上げる体操によって臀部の筋肉が強化されます。

このような簡単なものでも、継続させれば腰椎椎間板ヘルニアの患部を充分にサポートできるような肉体を作ることが可能です。

痛みがある場合にはコルセットを装着し、大分引いてきて、自然に緩和されてきた、と感じるようになったら、タイミングを見計らってすることが効果的です。また症状によっては合わない体操もありますので、特に違和感があった場合は医師に相談するとよいと思います。