お薦め情報










その他・お薦め情報


介護に関する情報整理について

介護の効率化と一口に言っても、その分野は様々です。介助移動の機械もだんだん安くなってきてはいますが、介助される側の人と接する際に機械任せにするのは抵抗があるという人もいます。

また、予算の少ない施設ではそもそも、新しい機械を導入する余裕がないという場合もあるでしょう。しかしなにも機械の導入ばかりが方法ではありません。

施設であれば、申し送りや介護記録の手順や書式の統一化を図るだけでも十分な効果があります。大きな施設でも、意外と曖昧なまま進めてしまっているところは多いのです。

しかし記録がしっかりと統一形式で見やすく記入されるようになれば、申し送りでの情報共有がしやすくなり、引き継ぎもスムーズになります。

また、記録業務を手書きで行っているところであれば一台パソコンを導入するだけでかなり記録はスッキリさせることができます。

中高年の方の場合、パソコンは苦手でと言う場合もありますが、介護の方に忙しく、デスクの上にどっさりと溜まりがちになっている書類の中から必要なものを毎回探して引っ張り出すのと、パソコンの中に整理整頓したデータを入れておくのと、どちらが事務作業を素早く行うことができるでしょうか。

介護の主だったところはもちろん、身体の不自由な方を介助するところにありますが、事務作業というものもどうしても発生してきます。

最近では、そのような統一した記録を見やすくまとめる専用のシステムなども販売、提供されているので、事務作業に時間を取られて困っているというところはこういったシステムも検討されると良いかもしれません。

個人宅であってもやはり、保険の申請書類など定期的に必要な事務作業はあるかと思います。個人宅の場合にはわざわざ新しいパソコンを導入するほどのことにはならないかもしれませんが、書類をどのように纏めておくか、ルールを先に定めてしっかり整理しておくのは、作業の時間を短縮し生活に余裕を持つのには大切なことです。