介護の手間を効率良くする方法.com » 治療方法のご紹介

治療方法のご紹介

すべり症は、腰椎分離症が原因となる病気です。つまり、思春期に激しくスポーツなどをして腰に負担をかけてしまい、疲労骨折を起こすことが主な原因と言われる腰椎分離症によって併発するものです。

すべり症は重度化すると、神経根を圧迫することで下肢にも痛みの症状が出てきます。痛みなどの違和感を持った方の多くはレントゲンで検査を受けますが、レントゲンだけではわからない場合もあり、MRIなどの断層写真をコンピュータで撮影することもあります。

MRIはより細かい病状を知ることができる精密レベルの検査方法です。またレントゲンを受ける方の多くが無理な姿勢をちょっとしただけでも腰痛を感じます。

また体を反らせるようにすることですべった患部の逆側に曲げるためにすべり症の傷みがひどくなるようです。

すべり症の治療方法としてまず、保存療法を受ける方が大半でしょう。初期の症状であれば安静にすること、腰に負担のかかる姿勢を絶対にしないようにと生活指導を受けながら、治療に専念します。他にも痩身を目標にするように言われるケースも多いでしょう。

保存療法にはこの他にも、コルセットなどの装具を装着して患部を固定し痛みを消しながら生活をする方法や、マッサージや湿布などの理学療法、そして鎮痛剤、ブロック療法が挙げられます。

ブロック療法については、硬膜外ブロック、神経根ブロックなど患部や患部の周りに直接注射をすることで緊張を解くことができ、痛みを消しながら色々な自然の治癒効果が期待できます。

筋肉を鍛える場合、腹筋を鍛えることで、コルセットの役目を果たすように支持されることも多くなります。また、その他の筋肉についても、重力の関係上負担が少なく、またとても効果的でもある水泳などによって全身の筋肉を鍛え、バランスをよくすることが求められるでしょう。

このような運動ができるのはほぼすべり症の傷みが無い場合に限られます、また、運動することによってすべり症の傷みが出る、ということも避けなければならないでしょう。