介護の手間を効率良くする方法.com » テニス肘

テニス肘

スポーツの中でも特に肘をよく使うタイプとしてテニスがあります。

この競技では腕も肩も、背中、腰などもかなりの瞬間的な負荷がかかりますが、使われる筋肉とそうでない筋肉とのアンバランスによって身体に歪みが起こる可能性が大きく、またこのような状態でプレーをしてもなかなかパフォーマンスの向上は望めません。

またプレーをしている最中に運悪く怪我をしてしまったら、まずバランスを取り戻して怪我を起こさないようにすることが大切です。

このスポーツに多い怪我の症状、またカイロプラクティックでもよくある症状としてテニス肘が代表的です。腱の一部、そしてそれを覆っている筋肉に断裂が起こり、炎症が起こります。

通常の炎症は徐々に鎮静化しますが、この場合は1年以上も続くことがあります。特に初心者の場合、バックハンドを覚えたばかりの期間に発症するケースがほとんどです。

特に中高年のヘルスケアプレイヤーにとっては要注意な症状ですが、これに似た動作として、荷物を同じ状態で持ち上げたり、フライパンを返す、ドアノブを捻る、などが考えられますが、ほぼ同様に筋肉に痛みが起こります。

重症になると筋肉組織が徐々に損傷していきますので、できるだけ早くカイロプラクティックなどで治療することが必要です。

カイロプラクティックでは、まず基本的に手首や指を反らせる筋肉の使いすぎが原因ですので、手首の骨や橈骨、尺骨のバランスを正常化させたり、キネシオテーピングなどを用いて装具療法を行いながら回復を進めていきます。

カイロプラクティックのアジャストメントによって本来の動作を取り戻すことができます。

またスポーツ専門のカイロプラクティック院もありますが、このようなカイロプラクティック院ではリハビリやトレーニング法の指導、他には視力のトレーニングやスポーツサプリメントを紹介するなど、トータルでスポーツプレイヤーをサポートしてもらうことが可能です。

多くのプロ、そしてアマチュアプレイヤーがカイロプラクティックの施術を受けています。