介護の手間を効率良くする方法.com » 手術の手法と種類

手術の手法と種類

現在では頚椎ヘルニアの治療法としては、外科的な手術をせずに薬物療法や運動療法、また理学療法といった様々な手法を用いて、頚椎ヘルニア症状が進行・悪化しないように、出来る限り頚椎ヘルニア症状を緩和できるようにする保存療法が選択されることが多くなっています。


何故かというと、頚椎ヘルニアが生じる部位というのは身体の中でも神経が多く存在する部位で非常に重要となっています。

つまりは手術におけるリスク・身体的負担というものも大きくなってしまうからです。また、費用の問題もありますから、これらを考慮して基本的には保存的な方法が選択されるのです。

しかし、上記に挙げたような保存療法を施しても思うような効果が得られない場合、また日常生活のためにもどうしても根治治療をしたいという方には、外科的な手段を伴う直接的治療が用いられます。

具体的に用いられる術法としては、当然患部の状態・症状に合わせてですがレーザー治療や椎間孔拡大術、椎弓切除術、頚椎前方固定術などが挙げられます。

中でもレーザー治療は身体にかかる負担が少なく済むために良く用いられることが多くなっています。このレーザー治療とは、レーザーを用いて椎間板の内部の圧力を軽減し、神経の圧迫状態を解消する方法です。

レーザーは特に初期の段階における頚椎ヘルニアに対して有効な手法とされていますが、症状が進んだ状態、かなり悪化してしまった状態になりますと、この方法では効果が上がらないため、別の手法が選択されます。

そのような際に用いられる手法としましては、先程挙げました椎弓切除術などです。この椎弓切除術とは椎弓と呼ばれる部位を切除してしまうことで、神経の圧迫状態を解消します。

特に頚椎ヘルニアにより広い範囲で神経が圧迫されてしまっている場合に、この手術法が選択されることが多くなっています。いずれの場合も頚椎ヘルニアの手術をする際には医師としっかりと相談して望むことが大切ですね。