介護の手間を効率良くする方法.com » スーパーライザーとは?

スーパーライザーとは?

接骨院で使用される治療機器として、スーパーライザーというものがあります。これは直線偏光近赤外線治療機器とも呼ばれ、近赤外線という特殊な光を、スポット状に照射することが可能です。

またこの光は身体の深部まで届かせることができます。レーザにもこのような特徴がありますが、鎮痛や炎症の除去、また自然治癒力を引き出す効果も期待できる機器です。

対応症状は多岐にわたり、頚椎症やヘルニア、五十肩や慢性肩凝り、顎関節症や神経痛、更年期障害や頭痛、テニス肘や自律神経失調症でも用いられます。

星状神経節という胸にあるツボ、ブロックに対してこの光を当てることで、神経を健康な状態に戻し、また血行を改善することができます。ブロック注射でも星状神経節ブロックがありますが、この代用としても知られています。

この部分への照射をすると、交感神経の働きが弱められますので、高いリラックス効果が発揮されます。興奮しがちな方にも効果があります。

また、ホルモンの分泌や免疫力のバランスも改善され、多くの症状に効果があり、また多くの方が気持ちよくリラックスしたと実感されます。

ストレス性の疾患にも効果がありますので、ほぼどなたにでも効果があると言えます。脳の血行もよくなりますので、自立神経を含む組織の大元から改善することができます。

ストレスが過剰で緊張が激しい方、気分の落ち込みがはげしく、うつ病になりそうな方など、脳の視床下部の血行が悪化している方にもお勧めです。

また血行が改善されるのは初回では2日程度ですが、数回照射を繰りかえすことで持続期間は大幅に長くなります。もちろん自律神経が整うことの効果も大きいものです。

接骨院などでのスーパーライザーによる照射療法では、投薬にありがちな副作用や合併症の心配もほとんどありません。

つまり、ベッドで仰向けで安静にできる方であれば、どなたでも受けることができます。ただし接骨院によってこの機器を備えていないこともありますので、行きたい接骨院があれば先に確認しておくといいでしょう。