介護の手間を効率良くする方法.com » 骨格の歪み

骨格の歪み

同じ姿勢をずーっとしていたりすると肩が凝ってきますが、家でマッサージ器をかけたり、シップを貼ったりといろいろしてはみても、なかなかよくなりません。肩が凝ったからとどうしても肩だけをほぐそうとするからでしょうか。

肩凝りの原因は肩だけではありません。骨格の歪みを治さないで、辛い肩だけをほぐしても一向に改善されません。では、骨格とは何かとなりますが、関節で結合した複数の骨と軟骨によって構成される構造の事をいいます。

骨格には2つの役割があり、一つは柔らかい体組織を支える支柱であり、筋肉と接合することで運動を可能にします。もう一つは保護の役割です。頭蓋骨であれば脳を保護し、胸郭であれば心臓や肺と言うように重要な臓器を守ってくれています。

骨格の歪みは注射やシップでは治りません。自分で歪みを治す体操なども、いろいろなところで紹介していますが、きちんと整体なので見てもらわらないで、本などの知識で見よう見まねで体操をしても、なかなか治った気はしないのではないでしょうか。

効果が実感できなければ途中でやめてしまうでしょうからなおさらかもしれません。ダイエット同様、腰痛や肩こりに効く体操などに挑戦しても、長続きしない方が多いのではないでしょうか。

長続きしないのは、きちんとした整体師の指導の下で行わないからではないでしょう。本や映像で得た知識で、自分流で行ってもそれが本当に自分の症状にあったものであるか、そのやり方で効果があるのかは、自分以外に答えを出してくれる人はいません。

痛みはある程度和らぐでしょうが、治った、効果があったという実感はなかなか得られないのではないでしょうか。

整体では、レントゲンをとったりというような医療行為はしませんが、その人に体の歪みや生活習慣など癖からなる姿勢の悪さなどから、どのような施術を行ったら効果的なのかを患者さんにきちんと整体師から説明をして開始します。

患者さんと整体師とがきちんとした連携を持てば効果はきっとあらわれるはずです。整体で歪みを矯正することにより様々な症状の改善に繋がるでしょう。 また、整体師と話をすることで整体の知識も得られその後の生活にも役立つことがあるでしょう。