介護の手間を効率良くする方法.com » 高齢者の運動

高齢者の運動

人間は年をとるごとに、カラダが老化して行きます。現代は色々な物事が便利になり、筋力を必要としなくなってきていますので、老化による筋力低下もさらに進行して行く可能性があります。

もし、筋力が低下すると、どういった場面で不都合が出るのでしょうか?まず、食事について考えてみます。食事では様々な動きがあります。食べ物を箸でとる、茶碗を持つ、口に運ぶ、よく噛む、食べ物を飲み込む。

普段はあまり意識をしていない事ですが、一瞬の間で色々な動作を行っています。このどれかの行為が出来なくなるだけで、ただ食べるという動作が苦痛になってしまうかもしれません。

そしてこれは、食事だけではなく、掃除をする、買い物に行くなど、日常の何気ない行動全てに筋力を必要としている事が判るでしょう。そこで、健康に毎日を過ごすためにも、日々の生活にストレッチや器具などを取り入れてみてはいかがでしょうか。

なぜ、ストレッチなのかというと、年を取ると、一日の中で同じ体制になる時間がどうしても増えます。しかし、そこで長時間同じ体勢のままだと、筋肉はどんどん固くなり、伸びが悪くなります。

だからこそ、ストレッチを行い、筋肉の動きを良くしておく事が大切なのです。とは言っても、無理をして体を痛めてしまっては元も子もないですので、高齢者の方に適したストレッチを行うようにしましょう。

はじめに、高齢者の方は普段の運動量が減少しています。いきなり筋肉を伸ばしてしまうと筋肉自体、また骨に繋がる部分の腱などを痛めてしまうので、どんなにやる気があっても、最初は軽い強度で行ってください。

また、筋肉というのは、運動前に暖めておく事で、伸びが良くなります。ですので、例えば、入浴を終えた後、カラダが暖まっているタイミングを見計らってストレッチを行ってみてください。

普段よりもストレッチがやりやすくなると思います。最後に大切な事は気持ちよく行う事、リラックスして行う事が長続きし、効果的に行う一番大切な事です。