介護の手間を効率良くする方法.com » 神経根に麻酔を打つ手法

神経根に麻酔を打つ手法

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症といった激しい腰痛を伴う病気の治療において、神経ブロックを利用した神経根ブロック注射という治療法が良く用いられます。

ではこのブロック注射ですが、人間が痛みを感じるというのは神経の作用によります。神経というには人間の身体の全域に渡り張り巡らされていて痛みを伝える経路となっています。神経ブロックとはこの神経が痛みを伝える経路を局所麻酔薬によって遮断します。

そうすることで、痛みを解消することが出来ます。ここで冒頭にて紹介したブロック注射ですが、これは脊髄の本幹から左右に枝分かれした神経の枝にブロック注射を行うものです。

ブロック注射はより安全に確実に行い治療の効果を高めるためにX線による透視を利用します。そうして神経根の通っている部位までブロック針を刺入します。神経根が見つかると患者に一瞬下肢へ響く電撃痛が走りますので誤った位置に処置をしてしまうようなことは殆どありません。

神経根を確実に捉えるために造影剤を注入し神経根を造影させ、しっかりと確認したうえで局所麻酔薬を注入していきます。実際の処置自体はこれで終了し、その効果が数分で現れ始めます。

ただし、麻酔が効き下肢に力が入らなくなりますので一定時間ベッドで安静にするという処置が取られ、下肢の筋力が回復した時点で一連の治療が完了します。

このブロック注射には高い鎮痛効果が期待でき、先程記述したように数分という即効性を持っていますので、非常に有用な治療法とされています。

処置前は歩くのさえ辛い激痛に襲われていた患者も、ブロック注射後には随分と症状が改善し、しっかりと歩いて帰ることが出来るようになることもしばしばです。痛みに悩んでいる方は是非一度医師の相談を受けてみてはいかがでしょうか。