介護の手間を効率良くする方法.com » 整形外科の診察を受ける

整形外科の診察を受ける

もしも腰痛になってしまったら、安静にしていればそのうち治るだろうと放っておいたり、自己流の処置で済ませたりせず、まずは、専門の医療機関で診てもらうことが大切です。

思わぬ内臓の病気などが隠れているケースもありますから、湿布を貼ったり塗り薬などを使って自分で治そうとする前に、専門医にきちんと診断をしてもらいましょう。

腰痛というと、整形外科での治療が第一にあげられます。整形外科では、症状により、以下のような治療法を施します。

消炎鎮痛剤(痛み止め)を用いる薬物療法、患部を温める温熱療法などの理学療法、指圧・あんまなどのマッサージ療法、腰痛コルセットや腰痛ベルトで患部をサポートする装具療法、そして、手術です。

これらの治療法は、症状により複数組み合わせられることも。また、症状が落ち着いてからは、日頃の対策として、ストレッチ、ウォーキングや水泳などの運動療法を奨められる場合もあるでしょう。

もちろんこれも、症状や年齢に応じて変わります。薬物療法・理学療法・マッサージ療法については、整形外科のみならず整骨院などでも受けることができます。

ただし、その気軽さから整骨院に通う人も多いものですが、ここで治療が可能なのは、外傷による打撲・捻挫・骨折・脱臼・挫傷。腰痛には、まれに腫瘍など内臓の病気の恐れもありますが、整骨院でこの発見や手術治療を行うことはできません。

腰痛が発症して最初に受診するのは、やはり整形外科が望ましいでしょう。その他の治療法として、鍼灸治療があげられます。

健康保険の適用内で施術を受けることができ、ファンも多いものです。また、漢方薬による治療や、さまざまな民間療法も行われています。腰痛に悩む人が多いだけに、治療法も実に多彩にあります。

しかし、繰り返しになりますが、少なくとも最初は、整形外科で受診するようにしてください。万一、腫瘍の場合など、発見の遅れで取り返しのつかないことになる可能性も。腫瘍が疑われた場合、整形外科から脊椎脊髄専門医を紹介されることもあります。