介護の手間を効率良くする方法.com » 食事の時間の重要性

食事の時間の重要性

健康な身体と食事は切っても切れない関係です。健康な身体を作るために食事の回数や栄養バランスについて考える方は多いかと思いますが、皆様は食事の時間について考えた事はありますか?

一回の食事に10分程度しかかけない人や不規則な時間に食事を取っている人はたとえ栄養バランスが優れていても健康な身体でいられないかもしれません。健康に過ごすためにも食事の時間について考えて見ましょう。

人間には体内時計というものが備わっており、これのおかげで時計が無くても朝になると目覚めたり、夜になると眠気が襲うといった生活のリズムを作ることが出来ます。

こうした体内時計はストレスなど様々な影響で狂ってしまうときがあるのですが、そうした体内時計のずれを修正するのが食事です。

朝朝食を食べると体内時計を司る末梢時計遺伝子がリセットされ、体内時計が一日の周期にあわせて動くようになるのだそうです。

食事時間を10分程度で終わらせているという方は少し注意が必要です。そういった方の多くは噛む回数が非常に少なく、ほとんどそのまま飲み込むような形で食事を取っているのではないでしょうか。

こうした食事の仕方は胃に負担が掛かったり脳の働きを阻害することになるので注意が必要です。噛む回数は増えれば増えるほど脳に入る刺激や胃に掛かる負担が減るなど身体によい効果がたくさん表れるので、噛む回数を増やしてゆっくり食事を取るようにしましょう。

健康のために食事に気を使うことは多いと思いますが、食事時間に関しては多くの人が見逃しがちです。働いていると食事の時間が不規則になったり食事時間が極端に短くなったりと中々落ち着いて食事を取ることがなくなってしまいますが、食事時間は出来る限りゆったりとした状態で過ごしたいものです。

健康な身体で過ごすためにも食事時間にはなるべく気を使うようにしましょう。