介護の手間を効率良くする方法.com » 漢方による治療

漢方による治療

椎間板ヘルニアには現在様々な治療法があり、その中の一つに投薬治療があります。その名の通り薬を飲むことで椎間板ヘルニアからの回復を助ける治療法なのですが、

基本的には痛みが激しくて動くこともままならない人が鎮痛剤などを飲むことで痛みを引かせてマッサージやストレッチといった別の治療をする土台を作るといった使い方がメジャーな投薬治療なのですが、そうした中いわゆる漢方薬を服用することで回復能力を高めて治すというやり方が最近増えてきました。

漢方を使用する中国医学においてはヘルニアなどの骨や軟骨に発生する病気は「腎」の働きが弱ってしまったためと考えられています。

この「腎」は腎臓などのことを指し、その人の働きが弱くなってしまった状態を「腎虚」といい、その腎虚により椎間板が弱ってしまったため椎間板ヘルニアが発生してしまったとされています。

そんな腎虚になってしまった腎を活発にさせるために漢方を服用するのです。それらを飲むことで腎の働きを活発なものにして血の巡りを良くし骨や軟骨の回復を早めたり筋肉のコリをほぐしたりしてヘルニアの回復を助けます。

こうした椎間板ヘルニアの回復に役立つものはいくつか種類があり、代表的なものを上げると激しい痛みが続く急性期には「葛根湯(かっこんとう)や「芍薬甘草附子湯(しゃくやくかんぞうぶしとう)」、

じわじわと痛みが続く慢性期には「八味地黄丸(はちみじおうがん)」、「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」、「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)」などが効くそうです。

なんだか名前を見るだけでも効きそうな雰囲気が漂っていますがこうした薬は胃腸が著しく弱い人や妊婦などが飲むと逆に体調を崩したり胎児に悪影響を及ぼすものあるので、服用する際は専門家の意見を良く聞き、用量用法を守って正しくお使いください。

頚椎椎間板ヘルニアの正しい治療方法をご紹介