介護の手間を効率良くする方法.com » 下血について

下血について

血便とは、血液の混じった便がでる症状で、その原因を探るためには、大腸内の内視鏡検査が確実と言われています。この症状は下血とも言われ、下血はその色の違いからタール便、そして鮮血にほど近い血便とに分類されます。タールとは真っ黒いタールのような濁った感じの色の便を言います。

また、下血をすれば、やはり腸の健康が損なわれているのではないかと考える方は多いですが、実際は口腔から肛門までのすべての消化管からの出血が最終的に下血となることが考えられます。

また比較的肛門から遠い部位からの出血が出る場合は、血液自体が腸内の細菌による分解を受け、タールのような黒い色に変色してしまう場合が多くあります。

その一方で、肛門から近い部位からの出血の場合は、腸内細菌の分解が発生しなくなり、皮膚からの鮮血のような赤い色の血のままで排出されるのが常です。

鮮血の場合は、下痢や腹痛、発熱などもないという場合が多いですが、便通が便秘気味というケースがほとんどで、排便の際には肛門にも痛みや何らかの健康への違和感が起こり得ます。また便をすべて排出してしまった後で出血だけすることもあります。

この鮮血の場合で最も可能性が高いのは、ポリープや早期の大腸ガンです。便通自体には特に変化はなくても、出血する回数も多く、また少量であることで健康が損なわれていることに気付かないことも多くあります。

健康診断で指摘を受けるという方は最近特に増えています。進行性のガンの場合は、便の中に粘液のようなものと共に付着しているのが特徴的です。排便の習慣に変化があったり、排便が済んでもその感覚が薄いという場合もあります。

お酒を飲むとこの症状が顕著になり、便が出たくても腸が痛んだり、臀部が硬く感じられるという場合の健康不調の原因は、ストレスや疲れなどです。

大腸ガンは小指ほどの大きさの便で簡単に検査が可能です。この方法は検診でも用いられています。健康を気にして毎年便潜血検査を受ければ、それだけガンが絶望的になる可能性を抑えることが可能です。日本人は特に大腸ガンになる方が多く、それだけ定期的な健康チェックが必要です。