介護の手間を効率良くする方法.com » 発症について

発症について

五十肩は40代から50代に多くみられる症状です。昔は40代の方が多かったため、四十肩と呼ばれることが多かったのですが、今では50代が最も多いようです。

また、30代の方でも五十肩になるケースが見られます。

この場合、老化現象であると考えるには早すぎるのでは、と思う方は当然多いと思います。症状もまったく同じもので、ショックを受けられる方も多いようですが、老化以外の原因も考えられます。

また、五十肩自体は病名ではなく、単に肩の痛みと肩から腕までの可動範囲の広い制限の症状を持つ症状です。つまり、五十肩にも原因は様々です。外傷などが原因となる場合もあります。

五十肩に極めて近い症状でも、他の病名で診断を確定される場合もあります。体のバランスを崩してしまうと、特定の部位に痛みや障害が出ることは多くあります。五十肩はそのような症状の1つとも考えられます。

頭や頚部、腕など、筋肉のバランスが崩れてしまうと、そこに強い負荷がかかることで肩の痛みを発症してしまう、ということは多くあります。

五十肩は肩関節周囲炎とも呼ばれ、肩の関節に炎症を起こしている状態です。急性期は激しい痛みが起こることが常ですが、時間はかかっても痛みは徐々に和らいできます。

また約2年程度で症状はほとんど無くなりますが、特に若い方の場合、逆の肩、腕にも発症するケースは多いようです。どの発症期の患者さんでも、治療方法に変わりはありません。痛みが大きい急性期では安静にすることが最も大切です。

また、慢性期になれば大切なのがリハビリをして可動範囲を広くしていくことです。30代ではまだまだ働き盛りですので、なかなか言い訳としても通用しないかもしれない、というネガティブな要素もありますが、仕事をする上できちんとできないことを断るようにすることが大切です。

若いうちに発症した本当の原因は何なのか、生活の不摂生や食事の偏りなどが無かったか、という一般的なバランスの問題もチェックしなければなりません。