介護の手間を効率良くする方法.com » ケアマネージャーについて

介護とケアマネージャー

個人宅で介護を行っている場合、そのほとんどは家族や親が行っています。しかしそういった場合、専門的な知識や技術を持たないままに日々を過ごしている方が非常に多いです。

介助だけで手いっぱいで、自分が楽になるための知識や技術を習得する余裕がないという方もいらっしゃるでしょう。しかしほんの少しの時間でいいのです。そのような技術があると知り、僅かでも生活の中に活用が出来ればそれだけで、日々の手間と労力を削減し、負担を軽くすることができます。

長い時間続けていくことになるものなので、長い目で見て、自身の負担と手間を減らす方法を習得することをお勧めいたします。また、必ずしも自分が技術を得ることを考える必要はありません。

上手く費用を抑えながら技術のある人の手を借りる方法があることを知り、しっかりと活用できればいいのです。

では実際に、手軽にできるものにはどういったことがあるでしょうか。まずは、ヘルパーなど専門職の方の手を借りることです。保険が適用できればその金額も安く抑えることができます。

それぞれに仕事があり家事もある家庭の中だけで抱え込もうとすると無理が出てしまうことが多いです。ですので、適度にヘルパーなどの制度を利用し、家庭内の負担を減らすようにしましょう。

しかしヘルパーを呼ぶのは、保険を利用していても無料というわけではありませんし、毎日というわけにはいきません。また、保険を利用してレンタルができる介助機器もあります。

どのように生活をしていくか、どの程度外部の手を借りるか、自分自身で介助する場合にはどうしたらいいか。そういったことをケアマネージャーに相談するのも有効です。

ケアマネージャーと言うのは、デイサービスや訪問ヘルパーなどを利用する際の窓口となるサポーターのことです。予算や状況に従って適切なサービスを受けることが出来るよう、計画を作る専門家です。

機器のレンタルをする場合や、ヘルパーを利用する際の業者の手配や申し込み手続きも行ってくれます。このような手配は煩雑な作業になりますし、家のことを行いながら進めるのは非常に大変なので、こういった専門家の相談を利用することをお勧めいたします。