介護の手間を効率良くする方法.com » カロリー計算の必要性

カロリー計算の必要性

変形性膝関節症では、カロリーが必要以上になる、つまりカロリーオーバーの状態になると肥満を冗長するため、このコントロールが変形性膝関節症治療の1つの大きな鍵となります。

カロリーが必要以上になる状態とは、使うエネルギー以上に栄養分を摂取してしまうことです。栄養分がエネルギー消費量を上回ると、その余った栄養分は脂肪になってしまい、変形性膝関節症に悪い影響を及ぼしてしまいます。

一般に摂取量を減らすには、まず間食を減らすことが大切だといわれています。またアルコールもよくありませんので、週に一度は休肝日を設定するなどの工夫をしてストレスを減らしながらカロリーを少なくしていくのが理想です。

変形性膝関節症で膝関節を柔軟にするためには、コラーゲンがよく効くといわれます。ふかひれや牛肉、魚の頭や鶏皮が最適ですが、コラーゲンは高カロリーで高脂肪のものが多いため、最近はサプリメントで効果的に補うという方が増えています。

またコラーゲンについての注意として、一般に多く出回っているコラーゲンはI型というものですが、このI型は美容系とも言われ、化粧品などでよく用いられています。

肌や骨には効果がありますが、変形性膝関節症の改善のために使用しても、変形性膝関節症には効果はほとんどありません。関節や軟骨に効果があるのは、II型のものです。また最近まで吸収率のよいII型コラーゲンはほとんどありませんでしたが、しっかりと吸収できるものが入手できるようになっています。

変形性膝関節症では運動も大切です。例えばウォーキングをしてコントロールされている方は多く、消費量も計算しやすいと言われています。

日常生活の様々な活動内容を事細かに計算することはほとんど困難ですが、ウォーキングで万歩計を使用して消費量を算出することはとても容易です。

また平地でのウォーキングの他には、水泳、水中歩行やサイクリングなども変形性膝関節症に効果的です。道具や場所も必要ですが、人によっては取り入れやすいケースも多くあります。

変形性膝関節症の治療には運動療法がお勧めです