介護の手間を効率良くする方法.com » バリアフリーと福祉

バリアフリーと福祉

バリアフリーリフォームを実現するためには、1968年にアメリカで建築障壁除去法が制定されたことから始まります。3重苦で生涯苦しんだヘレン・ケラーが推進活動をしていたことが有名です。

ヘレン・ケラーは、自分自身に思い障害があるにもかかわらず福祉活動に積極的だったそうです。日本では、127年ほど前に盲学校が設立させたのが始まりです。

しかし、実施にバリフリーリフォームに真剣に取り組んだのは、56年ほど前に福祉法が制定したばかりと最近の話です。

私が建築を学んだ5年ほど前では、ごく当たり前の言葉のように使われ段差のないフラットな床や階段への手すり、スロープの設置された住宅の図面をよく設計していました。

住宅メーカーでもいまでは、ごく当たり前のようにバリアフリーリフォームを売りにして住宅を販売しています。

今では、当たり前のことですがこのような世界にするには、多くの人たちの力があってのことだと私は、感じています。

自分の障害にもめげずに戦ったヘレン・ケラーのお陰で、今では身体に障害があったり、お年寄りの方々が暮らしやすい街づくりに変わってきています。

もし、バリアフリーのリフォームを検討されている方は見積もり比較ナビのサイトを利用すると良いでしょう。

こちらのサイトでは、バリアフリーリフォームの見積もりや提案、プランを無料で取得でき、あなたに合った業者も紹介してくれます。ぜひ、一度サイトをご覧になることをお勧めします。