▼お薦めサイト一覧

ブロック注射を詳しく知りたい方はブロック注射119番へ。

リノベーション費用見積比較ナビに相談

http://www.moringa369.com/

介護の手間を効率良くする方法について

介護で効率化、というと何か機械的で冷たい印象を受けて顔をしかめる人もいるかと思います。しかし実際には、介護の手間の効率を良くする方法を取り入れることで、介護に余裕が出来て、しっかりと交流ができるようになる例の方が多いのです。

ここで言う手間の効率化とは、手抜きをすることではありません。技術や機械の力を借りて、介護に要する労力を減らすことで介助者の負担を減らすというのが目的です。介護の手間の効率を良くする方法を取り入れることは、介護者の負担を軽くすることでもあるのです。

介護の仕事をしている人の中には、腰痛で苦しんでいる方が非常に多いです。しかし介護の手間の効率を良くする方法を取り入れるということは、この負担を減らすことでもあります。

結果、人手不足が解消され、介護の質が向上するという効果が期待できます。では実際にこの手間の効率を良くする方法と言うのは、どういった手段があるのでしょうか。

まず介護する側の技術としてよく言われるものが、移動介助の助けになるボディメカニクスです。これは人間の運動機能を理解して、最小の労力で移動介助を行うというものです。

これをしっかりと理解していれば、労力が少ない分だけ楽に移動介助を行うことができ、介護の手間の効率を良くする方法に繋がります。

また、こちらはまだ日本ではあまり取り入れられていませんが、キネステティクスという技術もあります。

ボディメカニクスは、介助する側が介助される人を移動させる際に介助する人の負担を減らすための技術です。それに対してキネステティクスという技術は、介助される人の動きを助けるものです。

介助者はあくまでも、補助でしかないのです。その補助を行うのに際して、人間の身体の動きを理解し、先回りして動きやすいように助けるもの、というのが近いでしょうか。

こちらの技術の場合、相手を抱え上げるということがないため腰への負担が非常に少なく、また、介助される側が自ら動くのでねたきりの防止にも繋がります。

しかしこのような技術の習得は、誰でもがすぐに行えるものではありません。どちらも数日程度の講習である程度の技術は得られるそうですが、職場の環境や、個人が自宅で介護を行っている場合には、そんな講習に行く余裕もない、ということもあります。

そういった方に対して現在利用を推進されているものが、介助リフトです。こちらは吊り具で身体ごと抱え、リフトで上げ下ろしをする機械です。

増え続ける介護業界の腰痛での労災を少しでも減らすため、現在厚生労働省からも勧められている方法のひとつです。

人力を使わずに移動介助が出来るので、介護者の腰への負担が非常に和らぎ、また介護の手間の効率を良くすることにも繋がります。

ただ、機械で移動をさせるのには、荷物を移動させるようなやり方には抵抗があるという人もまだまだ多いです。しかし介護者が疲れきっていては、細やかな部分に気付く観察力も衰えますし、ミスも増えます。

手間の効率を良くすることで、介護者の負担を減らし、より良い介護ができるということを少しずつ知らせていく必要があるでしょう。

このリフトは、以前はベッドと車椅子の間の移動で使われていましたが、現在ではその種類も増え、設置できるところでさえあれば、入浴やトイレ、自動車への乗り降りにも使えるようになってきました。

とはいえ、このリフトはまだまだ高額です。施設であればともかく、個人で購入するのは難しいでしょう。その移動の場面ごとに合わせた専用のリフトを使いたいならなおさらです。

そういった場合には、レンタルを利用すると良いでしょう。介護保険を適用できれば、月1000円程度で借りることも可能です。

お薦めサイト一覧

腰椎分離症を改善したければ腰椎分離症サイトをご覧ください。

高血圧の治療でお悩みの方はこちらの専門サイトを一度ご覧ください。

頚椎ヘルニアや治療のことを詳しく知りたい方は、こちらのサイトを一度ご覧ください。

椎間板ヘルニアの手術や治療について知りたい方はこちらのサイトを一度ご覧ください。

新着情報

 2014年10月20日:テニス肘
 2014年10月20日:肩こりの改善
 2014年10月20日:資格について
 2014年10月20日:TOP
 2014年10月20日:高齢者に腰椎すべり症が多い理由